不動産の売却には豊富な知識が必要|税金は見逃せません

部屋

予算決めからスタート

黒瀬の不動産を購入する前には予算を立て資金計画を練って、希望する地域や広さなどを絞っておきます。不動産会社に依頼する前に色々と検討することで譲れないところや優先順位がはっきりしてきて、物件探しがスムーズになります。

男の人

静かで落ち着ける地域

開発が進む川越では、新築物件も数多く出ています。都市部へのアクセスも楽ですし、駅周辺の商業施設にも満足するはずです。住宅を選ぶ際には、観光エリアから離れている方が良いでしょう。落ち着いた環境で、ゆったりとした時間を過ごせるはずです。

譲渡所得税の計算方法

集合住宅

所有期間で大きく変わる

土地や建物といった不動産を売却する場合、売却益を「譲渡所得」と言いますが、この所得については他の所得と分離して課税されます。これが譲渡所得にかかる税金、つまり譲渡所得税となりますが、この税金がいくらになるかについては、実は不動産の所有期間によって大きく変わってきます。譲渡所得税は、譲渡した年の1月1日時点における所有期間が5年を超える場合は「長期譲渡所得」となり、税率は15%(住民税は5%)となりますが、5年以下の場合は「短期譲渡所得」となり、税率は30%(住民税は9%)となります。つまり、不動産を売却する場合、いつ売却するのかによってかかる税金が大きく変わってくる、ということです。では、この税率をかける課税標準(売却益)はどのように計算するかというと、単純に売却したときの金額となるわけではなく、対象の不動産を取得した時にかかった費用を差し引く必要があります。これを「取得費用」と言いますが、建物であれば建築にかかった費用や登録免許税、不動産取得税といった税金も含みます。さらに、不動産を売却する際にかかった費用があれば、それも差し引くことができます。これを「譲渡費用」と呼びますが、たとえば仲介手数料や売却のための登記費用、また、土地の上にある建物を解体した場合はその費用も含みます。その他、一定の条件を満たす不動産の場合は特別控除が受けられるので、その額も差し引きます。こうして算出された金額に対して、最終的に税率をかけて税金が確定します。

マンション

管理が楽で人気

海と言えば湘南ですが、移住を考えている人も少なくないようです。戸建てやマンションが多くあり、中古物件も豊富なので金銭面も安心です。セキュリティー面を考慮しながら選んでいきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加